本文へスキップ

子宮内膜症は妊娠しづらく、不妊の原因となる?

子宮内膜症と妊娠・不妊の関係


子宮内膜症と妊娠・不妊の関係

子宮内膜症は子宮内膜や子宮内膜様の組織が子宮以外の場所に出来る病気です。
症状が軽度の場合を含めると生殖年齢の女性の10%にあると言われる意外に多い病気です。原因不明の不妊症の場合半分が子宮内膜症によるものだともいわれています。
子宮の中にあるはずの内膜が子宮の外で増殖し、月経で体外に排出されるべきのものが出口が無い為にそこに溜まり、やがて癒着し様々な障害を引き起こすのです。この子宮内膜症によって卵巣や卵管に子宮内膜の癒着が起きれば、子宮に卵子が通りにくくなり妊娠しづらくなるのは自然な事でしょう。
卵巣に症状がある場合は卵巣に古い血液が溜まり真っ黒になるチョコレート嚢胞というものが現われ、最終的には手術で取り除く事になりますので、例え片方だけであっても妊娠に不利になる事には間違いはありません。卵子の数が少なくなる場合が多い上に、受精卵を保護するべき子宮内膜が荒れている状態が続くので、不妊の原因の一つと言えるのです。

この子宮内膜症は、治ればそれが要因の不妊は解消します。その治療法は大まかに説明すると子宮内膜が剥がれない状態を作ることです。要するに月経が起きなければ良いのです。その状態にするには中容量ピルを用いる方法と本当に妊娠をするという方法があります。その期間中に子宮内膜が回復し、きれいな状態に戻っていくのです。これは出産を経験した事のある女性に子宮内膜症が少ないことと関係があるのかも知れません。

妊娠している女性