本文へスキップ

子宮内膜症の治療方法について

子宮内膜症の治療方法

子宮内膜症とは本来子宮内にしか存在しないはずの内膜が、卵管や卵巣にできてしまう症状のことを言います。
原因ははっきりとはしていませんが、ホルモンやストレスとも大きく関係しているといわれています。女性の中で罹患している人は多いですが、自覚症状もなく気づかないままに進行しているということもあります。
また不妊の原因になることもありますので、妊娠しない人が検査を受けたら子宮内膜症だったという場合もあります。子宮内膜症は20代から40代の女性に多く、閉経後は減少します。
最近は初潮の年齢が早く、晩婚化で妊娠出産経験がない人が増えているので子宮内膜症にかかる確率が高いです。生理痛がひどい人などは子宮内膜症にかかっている場合もありますので婦人科で精密検査を受けることをおすすめします。
チョコレート膿疱などが大きい場合には手術をすることもありますが、初期の治療としてはピルや漢方をとりいれることが多いです。ピルによって一時的に生理をとめることによって症状の進行を止めるのです。
また漢方は症状を和らげることを目的としています。

自己対処方法としては、体を冷やさない、ストレスをためない、生理時の痛み止めを服用するなどがあります。
また妊娠を希望している人は妊娠すれば治ることがほとんどです。しかし子宮内膜症が原因で不妊症になっている場合もありますので、症状が深刻な場合には精密検査ののちに手術も適応だと診断される場合もあります。

子宮内膜症に効果のある漢方薬