本文へスキップ

子宮内膜症を発見するための検査・費用・時期について

子宮内膜症を発見するための検査・費用・時期

子宮内膜症を発見するための検査・費用・時期

子宮内膜症は、本当ならば子宮の内側にあるべき組織が他のところへとたどり着いていまい、そこで増殖する病気です。
増殖した組織は月経に合わせて出血しますが、子宮内部ではないのでそれを排出する仕組みがありません。
そのために、激しい月経痛をもたらします。
治療のためには、まず子宮内膜症であることを確認する必要があります。

そのために行われる検査は次のようなものがあります。
まずは、本人に既往歴や家族歴などを尋ねる問診です。
家族の誰かが発症している場合、体質的に似ているので同じく発症しているかもしれないからです。
次は内診で器具を使って患者の子宮や膣を見たり、触診したりします。
子宮内膜症が進行している場合には、この内診で発見する事が可能です。
より詳しく調べる方法としては超音波を用いたりや血液を調べたり、MRIにかけてみるといった方法があります。
しかし一つだけで、正確に診断する事は難しいですから、他の方法と組み合わせたり入院したりして、より確実な診断をしていきます。
それから、検査をするにしても時期に気を使うことが必要です。
生理前だと例えば血液の成分が普段とは違うために、正確な検査を行うことが難しくなります。
ですから、生理が終わるであろうタイミングに合わせて、病院に予約を入れておくことです。
なお、子宮内膜症は保険適用が可能です。
検査料金も保険で自己負担分を抑えることが可能です。


医師に診てもらう場所は、体の大事なところですから、恥ずかしいと思う気持ちもあるかもしれませんが、進行すれば手術も必要となる病気です。
健康に暮らすためには、気持ちを抑えて病院へと行かねばなりません。

検査機器