本文へスキップ

子宮内膜症の原因とは

子宮内膜症の原因

子宮内膜症の原因

女性には、女性特有の器官が存在し、それらは、様々な病気が発症します。その中の1つに、子宮内膜症と呼ばれる病気が存在します。子宮内膜症を発症すると、激しい月経痛に悩まされるようになります。その痛みは、年々ひどくなり、放置しておくことでより症状は悪化していきます。その後、多くの人の場合で、開腹手術が必要になるほどの状態へと変化していきます。

このように、沢山の女性を悩まし続ける子宮内膜症の症状ですが、その原因について考えていきます。子宮内膜症の症状は、近年特に増加している病気の1つに挙げられています。その理由は、初めて妊娠する年齢が高くなってきていることと考えられています。
かつての日本女性は、10代や20代で妊娠を経験する人がほとんどでした。しかしながら、ライフスタイルの変化により、女性の社会進出が加速しました。よって、晩婚化の傾向が高まり、初めて妊娠を経験する年齢が高くなってきました。人によっては、一度の妊娠を経験しない人も増え、そうしたことから、子宮内膜症が増加したとされています。
妊娠や出産を何度も経験してきたかつての日本人女性とは異なり、現代女性は、エストロゲンの働きを抑えられず、月経の停止期間もないため、子宮内膜症を発症しやすい状態にあると言われているのです。
つまり、多くの女性を悩ます深刻な病気は、現代病とも呼ばれ、女性のライフスタイルの変化が大きな原因になっているとされています。

子宮内膜症の原因