本文へスキップ

若い女性に多い子宮内膜症について

子宮内膜症の対策法

女性に多く見られる婦人科の病気のひとつに、子宮内膜症があります。
子宮内膜症とは、子宮の内側を覆っている内膜の組織が、本来あるべき場所以外に、増えてしまった状態のことを指します。
通常の子宮内膜は、女性ホルモンの働きで、月経の周期に合わせて子宮の内部を覆う膜として広がっていき、妊娠に向けての準備を行います。受精が行われないと、はがれおちていきます。これが月経になります。

ところが、子宮内膜症の場合は、子宮の内部以外の場所、卵管や卵巣や、腹膜、膀胱といった臓器などに内膜が広がっていきます。子宮内ではないので、月経の時期になっても、剥がれ落ちません。つまり、血液が溜まったままになってしまうのです。妊娠の経験がまだない、若い女性に多い病気なのは、このためです。
たまってしまった血液は、炎症を起こし癒着していきます。そのため、月経の時期に、通常よりも大きな痛みが起こります。さらに、月経以外の時期にも腹部を中心とした痛みがあります。さらに、もし卵管が癒着をした場合、卵管が詰まることもあります。
そのため、子宮内膜症は、不妊の原因のひとつとも言われています。
子宮内膜症が起こる原因はまだ良く解明されていません。

治療方法は、現在のところ、ホルモン療法を中心に行います。子宮内膜症は、月経が起こるたびにどんどん進行していきます。そのため、早めの発見が望まれます。病気の程度によっては、手術を行うこともあります。

子宮内膜症


女性のお悩み解決
PMS症状(生理前の体調不良)お悩みの方に ≫ http://www.pms-guide.com/